モアナサーフライダーのオーシャンフロント部屋宿泊!朝食を無料アクティビティをレポ

モアナ アイキャッチ

※当サイトは旅行やマイル、クレジットカードに関する体験談やお得なサービスをPR紹介しています

今回、ハワイにあるモアナ・サーフライダーに宿泊してきました。

モアナ・サーフライダーは「モアナ・ホテル」として1901年に開業し、1920年代に「ロイヤルハワイアンホテル」や「ハレクラニホテル」とと並ぶホノルルを代表する高級ホテルです。

また、マリオット系列の中でも屈指の人気ホテルで、モアナ専用のプールや、直結でワイキキビーチにも行くことができます。

モアナ 外観

今回の宿泊でワイキキビーチが一望できるオーシャンフロントの部屋にアップグレードしていただき、ラナイからはダイヤモンドヘッドやワイキキの海を眺めることができ、最高の空間でした。

また、モアナではハワイならではのヨガやウクレレレッスン、フラレッスンにも参加でき、アクティビティがかなり充実していました。

今回マリオットボンヴォイアメックスの特典を利用して、よりお得に宿泊することができました。

以下では、モアナ・サーフライダーの宿泊した部屋の様子や朝食の様子、マリオットボンヴォイで受けられたサービスについて詳しく紹介します。

この記事の信頼性

にゃも☆

『初めてマイル』を運営している「にゃも☆」です。

好きなときに好きなだけ旅行に行ける。そんな自由な生活を夢見て独立するほどの旅行好き。
クレカで貯めたマイルで飛行機に乗るのはもちろん、ポイント宿泊だけでハワイに16泊したりとしっかり使いこなす行動派。

目次

モアナサーフライダー宿泊記

モアナサーフライダーに宿泊した際のチェックインからアップグレードしていただいた部屋の様子、館内の様子など、以下で詳しく紹介します。

チェックイン・ロビー

モアナ ロビー

私が宿泊した時期がクリスマスだったので、ホテル内の装飾はクリスマス仕様になっていました。

正面の入口から入ってすぐのロビーには大きなツリーがあり、柱にもクリスマスらしい装飾がされていました。

モアナ チェックイン

私はマリオットボンヴォイのプラチナエリート会員なので、エリート会員専用レーンからチェックインができます。

スムーズにチェックインができるので、優越感がすごいです。

オーシャンフロントの部屋にアップグレード!

モアナ オーシャンフロント

マリオットボンヴォイのアプリで、チェックイン3日前からホテルの方とチャットで話すことができるようになります。

そこで事前にスイートルームへのアップグレードをリクエストしていました。

ですがこの日は満室で残念ながらスイートルームへはアップグレードできませんでした。

しかし、料金変わらずでオーシャンフロントのダブルベッドルームにアップグレードできると提案してもらったので、こちらでお願いしました。

ただ1つだけ空きがある部屋があり、

1泊300米ドル(約45,000円)で最上階のペントハウスに泊まれるよ。

と提案してくれました。

今回はモアナに7泊する予定だったので、通常の宿泊代+1日300ドル×7=2,100ドル(約30万円)するとなると、その料金を支払うのは少し厳しかったんですよね。

ですがよく考えてみると、ペントハウスは1泊あたりクリスマスの時期ですと会員料金で5,008米ドル(約751,200円)フレキシブル料金で5,269米ドル(約790,350円)とかなり高額料金となります。

それが1泊300米ドルで泊まれるという提案をしていただいたのに断ってしまったのは、とても後悔しています。

7泊中の2~3泊だけでもペントハウスに泊まれるかどうか聞けばよかったなと、後から色々考えてしまいました。

にゃも☆

英語でのチェックインなので緊張してしまい、機転が利かなかったのが反省点ですね。

ですが、アップグレードしてもらったオーシャンフロントの部屋もとても最高でした。

モアナ オーシャンフロント2

もともと予約をしていた部屋がダイヤモンドシティのシティービューで会員料金ですと525米ドル(約78,000円)フレキシブル料金で550米ドル(約82,500円)でした。

同じ料金でオーシャンフロントの部屋にアップグレードしてもらいましたが、通常ですと会員料金で777米ドル(約116,550円)フレキシブル料金で816米ドル(約122,400円)時期的にもかなり値段の高い部屋となります。

約250米ドル(約37,000円)分お得に宿泊でき、オーシャンフロントの部屋に泊まるのは初だったので、かなり満足度が高かったです。

アメニティ

部屋に置いてあるアメニティを紹介します。

部屋にはコーヒーメーカーがついており、コーヒーやお茶、紅茶を飲むことができます。

モアナ コーヒーメーカー

無料のお水も用意されています。

モアナ 水

バス・トイレには石鹸とボディローション、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープがあります。

ちなみにトイレはウォシュレット付きです。ハワイではウォシュレット付きのトイレが少ないので嬉しいです。

モアナ ウォシュレット

その他、ヘアドライヤー、バスローブ、スリッパが用意されていました。

プール

モアナ プール

モアナには、ワイキキビーチの絶景が目の前に広がる場所にプールがあります。

プール自体はあまり大きくなく、比較的小さめのプールです。

プールサイドにはドリンクや軽食を販売するスタンドがあります。

フレッシュジュースやアイスクリーム、スナックやサンドイッチなど気軽に購入できるものが売られています。

モアナ プールサイド

ビーチチェアは無料で利用できますが、かなり人気なのですぐに埋まってしまいます。

特に日除け用のパラソルがついているところは大人気です。

にゃも☆

私が行った時もかなり埋まっていて、空きを見つけるのが大変でした。

モアナ タオル

ビーチタオルの貸し出しはモアナサーフライダー宿泊者なら無料なので嬉しいですね。

ビーチタオルは、タオルカード(チェックイン時にもらえる)との交換貸し出しとなっており、カード1枚で数枚借りることができます。

この時タオルカードを持っていなかったのですが、部屋のカードキーを出したら借りることができました。

プールサイドのカバナは有料となっており、1日前から予約することができます。

料金は1日200米ドル(30,000円)で借りることができます。

カバナに含まれるアメニティは以下の通りです。

  • 長椅子2脚
  • ビーチバーの無料特性カクテル2杯
  • 水のボトル2本
  • 無料のプロジェクトリーフクーリングローション1つ

ビーチで遊んだあとはワイキキビーチへ行こうと思い、折りたたみ式のビーチチェアを借りに行きました。

モアナ ビーチチェア

1日レンタル(7時~17時30分まで)で25米ドルかかりますが、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員以上は無料で借りることができます。

簡単に組み立てることができ、小物入れやなどのポケットもたくさん付いているので便利です。

コインランドリー

モアナ コインランドリー

モアナにはコインランドリーがあります。

洗濯機や乾燥機の台数や料金は以下の通りです。

  • 設置台数:各階の洗濯機と乾燥機が3台ずつ
  • 料金:洗濯機5米ドル・乾燥機5米ドル
  • 洗剤:3米ドル
  • 柔軟剤:3米ドル

ランドリー室は、ダイアモンドウイング(正面玄関向かって左側の建物)の地下にあります。

ホテルの正面玄関から入ってすぐ左に曲がり、突き当たり手前にあるエレベーターに乗って、地下に降ります。

地下に着いたら、エレベーターを出て右手前方に進むと、ランドリー室があります。

廊下にも「ゲストランドリー」と矢印の案内表示があります。

モアナ コインランドリー2

部屋の中には洗濯機3台と乾燥機3台が並んでいました。

モアナ コインランドリー3

奥には洗剤の自動販売機もあり、日本から洗剤を持ってこなくても困りません。

また洗濯機と乾燥機の操作方法については、日本語表記があり、とても親切でした。

支払いは、現金とクレジットカードが使えます。

VISA、AMEX、discovery(Master Card)の3つが利用できると記載がありました。

モアナサーフライダーの朝食

モアナ 朝食

マリオットの上級会員の楽しみとしてプラチナエリート以上であれば朝食無料(特典としての選択)があります。

これが目当てで上級会員になる人も多いですね。

朝食レストランはモアナサーフライダーの象徴的なバニヤンツリーのすぐそばにある「ザ・ベランダ」で食べることができます。

ベランダには室内とテラス席があり、テラス席は爽やかな風を感じつつ海やバニヤンツリーを見渡せます。

モアナ 朝食2

室内はわりと広く静かで落ち着いた雰囲気で、ソファー席もあり家族で来た際も利用しやすいです。

マリオットのプラチナ会員以上の特典で朝食を選ぶと、通常18米ドル(約2,700円)するコンチネンタル朝食を大人2名分無料で食べることができます。

またプールサイドにあるサーフライダーカフェでも1人18米ドル分、大人2名で36米ドルまで無料でテイクアウトできます。

コンチネンタル朝食はクロワッサン、カットフルーツ、ヨーグルト、それにコーヒーか紅茶が付きます。

モアナ 朝食3
にゃも☆

表面がパリパリ、中はしっとりの 焼き立てのクロワッサンがとても美味しくおすすめです!

2024年1月現在、コロナでなくなっていた朝食ビュッフェが3年ぶりに帰ってきました。

レストラン「Veranda」にて、ホノルルの美しいオーシャンビューを眺めながら料理を楽しむことができます。

ブッフェには、エッグベネディクトやスモークサーモン、パン、ジュースなどかなり種類豊富です。

また、ハワイ風チャーハンや出来立てのオムレツ、モチワッフルのほか、モアナ特製マンゴーパンケーキも食べることができます。

モアナサーフライダーのラウンジは再開された?

残念ながらクラブラウンジはいまだ閉鎖中です。

ワイキキのマリオット系ホテルのクラブラウンジはどこも再開していません。

モアナサーフライダーの無料アクティビティは充実してる

モアナの宿泊者ですと、無料で体験できるアクティビティがたくさんあります。

宿泊者以外ですと料金がかかりますが、ハワイならではのフラダンスやウクレレを無料で体験できるのは嬉しいですね。

以下では、モアナサーフライダーの宿泊者で無料で利用できるアクティビティを紹介します。

モーニングヨガ

モアナ ヨガ

ワイキキビーチを見渡せる絶好のロケーションで、モーニングヨガを毎朝7時30分から開催しています。

朝日を浴びながらのヨガは、初心者から上級者まで誰でも安心して楽しめます。

宿泊者以外は1回20米ドルのレッスン料が必要ですが、宿泊者であれば無料で受けることができます。

無料でヨガマットとタオルを貸してくれるので、手ぶらで参加できます。

にゃも☆

日本人は恥ずかしがって後ろに行きがちですが、後ろだとポースが見えにくいので、恥ずかしがらず前の方でレッスンを受けるのがおすすめです。

予約はなしで受けれるとのことですが、変更がある可能性もあるので念のため確認することをおすすめします。

ウクレレレッスン

モアナ ウクレレレッスン

16時から毎日無料でウクレレ教室を行っています。

モアナの近くにあるプリンセス・カイウラというマリオット系列のホテルで、ウクレレぷあぷあのインストラクターによる無料のウクレレクラスを毎日開催しています。

基本的な「ウクレレコード」を学ぶことができます。

ウクレレを教えてくれた先生は、東京ドームで開催されたハワイのフェスティバルに呼ばれて演奏したことがあるすごい方でした。

参加方法は要事前予約、宿泊者のみ参加可能です。

フラレッスン

モアナ フラレッスン

伝統的なハワイアンミュージックに合わせてフラダンスの基礎を教えてもらうことができます。

こちらもプリンセス・カイウラニのロビーで開催されています。

最初に動きを覚える練習時間があり、そのあとで全体を通して踊ります。

フラの特徴的な滑らかな動きが難しく苦戦しましたが、とても楽しい時間でした。

参加方法は要事前予約、宿泊者のみ参加可能です。

まとめ:モアナサーフライダーの宿泊記!

モアナ 中庭

今回、ハワイにあるモアナサーフライダーに宿泊しました。

モアナに宿泊することで無料で体験できるアクティビティや目の前がワイキキビーチの部屋に宿泊することができ、大満足の旅でした。

また、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員を利用して部屋のアップグレードや朝食無料などの特典があり、かなりお得に宿泊することができました。

会員のグレードが上がるごとに特典内容も増えていきますが、プラチナエリート会員のひとつ下のゴールド会員も同じ部屋のアップグレードの特典が付きます。

ゴールドエリート会員は、部屋のアップグレードの他にレイトチェックアウトやマリオットポイントが通常より多く付与されるなどの特典があります。

マリオットホテルに頻繁に宿泊する方にとっては嬉しい特典ばかりなので、マリオットボンヴォイカードがおすすめですが、年に数回しか宿泊しない方は、あまりお得ではないカードです。

そこでおすすめなのが、年会費が22,000円と安い上に、ホテル優待サービスや空港で利用できるプライオリティパスラウンジが付帯するセゾンプラチナアメックスです。

他のプラチナカードに比べるとかなりコスパが良く、付帯する特典は総額160万円以上の価値あるサービスを利用できます。

また、JALマイルの還元率も高く、最大で1.45%まで上げることができるので、効率よく貯めたい方におすすめのカードです。

にゃも☆

セゾンプラチナアメックスは旅行関連に特化した最強カードなので、作って損はしないといえます

より詳しくセゾンプラチナアメックスについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

モアナ アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次