リッツカールトンレジデンス ワイキキ宿泊記!部屋の様子や朝食、プールをレポ!

リッツカールトン アイキャッチ2

※当サイトは旅行やマイル、クレジットカードに関する体験談やお得なサービスをPR紹介しています

今回はハワイのワイキキにあるリッツカールトンレジデンスに宿泊してきました。

リッツカールトンは、ビーチまで徒歩10分のところにあります。

ワイキキのメイン通りであるカラカウア・アベニューまですぐであり、高級ブランドの路面店でショッピングしやすい立地です。

徒歩圏内にたくさんのレストランやコンビニ、カフェもあるので、とても便利です。

リッツカールトン

リッツカールトンがいいと感じたところは以下の通りです。

  • 落ち着いた人が多い
  • 大人専用のプールがある
  • キッチン・冷蔵庫・洗濯機がある
  • 全室オーシャンビュー&テラス付き
  • 全室広めの部屋でとても快適
  • ワイキキビーチ沿いじゃないので割と静か
  • ホテル下にカフェやスーパーがあって便利

ちなみに、リッツカールトンにはマリオットボンヴォイのエリート特典がありません。

リッツカールトンワイキキはレジデンスタイプなので、通常のリッツカールトンブランドとは少し異なりマリオットのエリート特典を利用することができません。

なので今回は、マリオットボンヴォイのポイントが貯まっていたのでポイントを利用してお得に宿泊しました。

以下では、リッツカールトンで宿泊した部屋の様子やマリオットのポイントでそれだけお得に宿泊できたかなど詳しく紹介します。

この記事の信頼性

にゃも☆

『初めてマイル』を運営している「にゃも☆」です。

好きなときに好きなだけ旅行に行ける。そんな自由な生活を夢見て独立するほどの旅行好き。
クレカで貯めたマイルで飛行機に乗るのはもちろん、ポイント宿泊だけでハワイに16泊したりとしっかり使いこなす行動派。

目次

リッツカールトンワイキキ宿泊記

ハワイのリッツカールトンに宿泊した際のチェックイン時の様子や、宿泊した部屋の様子など以下で詳しく紹介します。

チェックイン・ロビー

ホテルに付いたらエレベーターで8階のフロントに行きます。

リッツカールトン  エレベーター

リッツカールトンのエレベーターは自分の行きたい場所をタッチすると、乗るべきエレベーターを教えてくれます。

ちなみに部屋に行くときは、ゲストルームを押して何階か入力してから部屋番号を入力するとエレベーターに乗ることができます。

にゃも☆

とてもセキュリティに特化されており、ハイテクですね。

メインフロントは風通しが良いオープンエアーの空間です。

リッツカールトン  フロント

フロントには日本人スタッフもいるので、英語が苦手な方でも安心してチェックインできます。

また、1階にあるコンシェルジュデスクにも日本人もしくは日本語対応のできるスタッフがいます。

客室設備の確認やレストランの予約など、日本語でサポートしてくれます。

滞在前からメールで質問・相談することも可能です。

リッツカールトン  ウェルカムドリンク

チェックイン時、ウェルカムドリンクをもらいました。ちょっとした気遣いも嬉しいですね。

部屋はグランドオーシャンビュー

リッツカールトン  部屋

今回はグランドオーシャンビューの部屋に宿泊しました。

リッツカールトンはプラチナエリートでもアップグレードの特典はありません。

ですが今回はマリオットポイントが貯まっていたので、ポイントを利用して無料で宿泊することができました。

リッツカールトン  金額

一泊の料金が、会員料金ですと887米ドル(約133,050円)、フレキシブル料金ですと905米ドル(約135,750円)と非常に高額です。

にゃも☆

マリオットポイントを多く貯めていたので、13万円以上の素敵な部屋に無料で宿泊できたのはとても嬉しいです。

マリオットポイントはマリオットボンヴォイで貯めることができます。

100円につきマリオットポイントが3ポイント付き、マリオットボンヴォイロイヤルプログラムに参加するホテルを利用するとポイントが2倍になります。

マリオットポイントのお得な貯め方やその他の豪華特典内容を知りたい方はより詳しいマリオットボンヴォイの特典内容の詳細の記事をご覧ください。

コストを抑え、より上質なホテルステイを楽しみたい方は、以下のフォームからマリットボンヴォイを申し込みできます。

リッツカールトン キッチン

ポイントを利用して無料で宿泊できたオーシャンビューの部屋へ入ると、しっかりとしたキッチンや大理石のお風呂など備え付けられていて、開放感のある部屋でした。

リッツカールトン 冷蔵庫

冷蔵庫は野菜室やドリンクを入れられる場所など、収納スペースがたくさんあり使い勝手が良いです。

リッツカールトン 食器類

キッチンには電気ケトル、トースター、ミキサーまで用意されています。

そのほか、炊飯器のレンタルも可能です。

リッツカールトン コーヒーメーカー

エスプレッソマシンもあり、コーヒーや紅茶を飲むことができます。

リッツカールトン 水筒

持ち運びできる水筒がありました。

ホテルの中に水を汲める場所があるので、部屋に水がなくなっても買わずに済むのでコスト削減になります。

リッツカールトン キッチン用品

食器、カトラリー、調理器具、食器洗い用の洗剤やスポンジなどもそろっているので、日本から持っていく必要はありません。

リッツカールトン キッチン用品2

調味料は持参するのがおすすめですが、1階にあるスーパーマーケットでも販売されています。

コンドミニアムタイプのレジデンスと言うことで、バカンスの期間に長期的に利用する人が多いでしょう。

普通にスーパーで買い物してきて調理したほうが、外食するよりコスパがいいです。

シンクも深さがあるので使いやすく、スポンジと洗剤は新しいものが置かれていました。

リッツカールトン お風呂

バスルームからは窓の外まで見渡せます!

開放感があっていい感じでした。

エレガントなバスローブはザ・リッツ・カールトンのロゴ入りです。

さらっとした着心地で、お風呂上がりも快適に過ごせます。

リッツカールトン 部屋からの景色
リッツカールトン 部屋からの景色

リッツ・カールトン ワイキキは全室オーシャンビューなのでハワイのきれいな海を眺められます。

ビーチ沿いではないので目の前に海があるわけではないですが、自然やワイキキの夜景を見ることができます。

すぐ目の前にビルや高層ホテルがないので、ビーチ沿いのホテルとはまた違った開放感を感じました。

アメニティ

ちなみにバスアメニティーを持ち帰ると60米ドル請求されてしまうので、注意してください。

リッツカールトン 石鹸

基本的にハワイでは洗面セット、シャンプーなどの長期利用のアメニティー類などは現地のドラッグストアやスーパーなどで買うか、日本から持参することをおすすめします。

ただ、歯ブラシ&歯磨き粉、スリッパなどはもともと用意されていないホテルが多いです。

プールは2つあって1つは大人専用

リッツカールトン プール

リッツ・カールトンワイキキには、プールが2種類あります。

子供可能なプールと、大人専用のプールです。

どちらも同じフロアにあり、距離はほとんど離れていないので簡単に移動できます。

今回私が宿泊した際は大人専用プールは工事中だったので、どのような感じなのか見ることができませんでした。次回行ったときが楽しみです。

リッツカールトン カバナ

有料ですが、テレビや冷蔵庫、軽食とドリンクサービス付きのプライベートカバナも用意されています。

プライベートカバナを利用する際は予約が必要です。

1日借りると250米ドル(約37,500円)で、半日ですと150米ドル(約22,500円)です。

リッツカールトン プールサイド

プールサイドには「QUIORA」というレストラン・バーがあり、プールチェアに座りながら軽食やドリンクを楽しむことができます。

ワイキキで最も高い8階にあるプールなので、眺めも良く最高でした。

日本人の子連れの親子がたまたまプールで一緒になり、

にゃも☆

こんにちは~。

どうも~。

という何気ない挨拶でも、とても余裕があり幸せそうな感じでした。

洗濯機が部屋にあるから便利

リッツカールトン 洗濯機

ハワイ旅行では水着や着替えなど洗濯物が多くなりがちなので、洗濯機と乾燥機が寝屋に備えつけてあるのはとても便利ですね。

リッツカールトン 洗濯機

洗剤もしっかり置いてあります。

特に家族連れの方だと下着の替えや予備の洋服など荷物が増えがちですが、洗濯機と乾燥機があることで、荷物を最小限にすることができます。

現地で洗って帰ってしまえば、帰宅後の洗濯物が少なくて済むのも嬉しいポイントです。

またハワイに長期滞在の場合、他のホテルも利用する場合は中日にリッツカールトンを利用すれば部屋で洗濯ができるのでコインランドリーに行く手間が省けます。

にゃも☆

ホテル内にあるコインランドリーは台数が少ないところが多いので、空いていないと利用できないですが、そんなことも考えることなく部屋で気軽に洗濯できるので嬉しいですね。

リッツカールトンワイキキでアップグレードされるおすすめの方法

マリオットのエリート会員はアップグレードがなく、特典もありません。

ですが、アメックスプラチナですとファイン・ホテル・アンド・リゾートというプラチナ会員限定の特典を利用すると朝食が無料になったり、客室のアップグレードなど豪華な特典が受けられます。

アメックスプラチナ 見本2

アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)で受けられる特典は以下の通りです。

  • アーリーチェックイン(12時より可)
  • 滞在中の朝食が2名まで無料
  • 客室の無料アップグレード
  • レイトチェックアウト(16時まで可)
  • 客室の無料Wi-Fi
  • 100米ドル相当のホテルクレジット

アメックスプラチナはマリオットボンヴォイより年会費が高額ですが、マリオット以外のホテルで無受験に上級会員になれたり空港ラウンジへの無料アクセスなど豪華特典が満載です。

さまざまなホテルで上質なホテルステイを楽しみたい方や、旅行が好きな方高ステータスを感じたい方はアメックスプラチナがおすすめです。

より詳しくアメックスプラチナについて知りたい方は、アメックスプラチナの特典内容の詳細の記事をご覧ください。

アメックスプラチナに興味がある方は、当サイトから営業担当の方をご紹介させていただくことが可能です。

申し込みする前に疑問点を解消しておきたい場合にも、気軽に相談できるのでおすすめです。

営業担当ご紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

あわせて読みたい
アメックス営業担当紹介フォーム アメックスの申し込みは、営業担当経由での入会が最もお得です。 サイトやSNSなどでキャンペーンに関する内容を周知することができなくなったため詳細を記載できません...

リッツカールトンワイキキはキオラで朝食

朝食はダイヤモンドヘッドタワーにある「キオラ」というレストランで食事をしました。

モーニングの時間は7時~11時30分までです。

店内はテラス席が多く、開放感のある店内はハワイの風を感じながら気持ちよく食事を楽しむことができます。

朝食メニューは日本語で記載されており、ひとつひとつ料理の詳細も書いてあり安心して頼むことができました。

値段をみると、かなり高い感じがしますね。

コーヒーも一杯15米ドルします(笑)

食事のメニューはハワイの伝統的なロコモコやパンケーキなどありますが、目を引いたのが卵焼きや漬物、納豆などが入った朝食弁当です。

一つ42米ドル(約6,000円 笑)と非常に高いですが、ハワイで食べられる日本料理はどんなものなのか気になり頼んでみました。

朝食弁当に中身は、キングサーモン、卵焼き、納豆、漬物、サラダ、パパイヤの他にコシヒカリのご飯と味噌汁、ゆかりのふりかけが付きます。

毎日ジャンキーなものを食べていると、日本食が体にとても染みます。

気になる味ですが、しっかりと味付けもされており美味しいです。胃休めにはとてもいいです。

にゃも☆

ですが、42米ドルは高いですね(笑)

この他にオーツ麦とチアシードのトロピカルプリンを頼みました。

中にはグラノーラやアップルバナナ、パイナップル、ミックスベリー、マンゴージェリー、カカオニブが入った健康食という感じですね。

こちらは22米ドル(約3,300円)でした。

料理2つとコーヒーとパイナップルジュースを頼んで、全部で102米ドル(約15,300円)でチップをいれて120米ドル(約18,000円)とかなり高額でした。

ですが料理の種類は豊富なので、他の食事も試してみたいなと感じました。

まとめ:リッツカールトンレジデンス ワイキキ宿泊記

ハワイにあるリッツカールトンレジデンスワイキキに宿泊した様子を紹介しました。

今回はマリオットボンヴォイのエリート特典がなかったので、マリオットポイントを利用して無料で宿泊しました。

とくに部屋のアップグレードもなかったのですが、オーシャンビューの部屋に無料で宿泊できたのはとても嬉しかったです。

マリオットポイントはマリオットボンヴォイで100円に付き3ポイント貯めることができます。

リッツカールトンのようにエリート特典がないホテルもあるので、ポイントを貯めておいて今回のようなタイミングでポイントを利用してお得に宿泊するのがおすすめです。

ですが、アメックスプラチナはファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)というプラチナ会員限定の特典があり、この特典を利用するとリッツカールトンでも無料の部屋のアップグレードや朝食を無料で食べることができます。

その他、アーリーチェックインやレイトチェックアウト、100米ドル相当のホテルクレジット獲得などのサービスを受けられます。

ホテル イメージ画像

FHRは国内外1200ヵ所以上の高級ホテルやリゾート施設で利用できる特典なので、より上質なホテルステイを楽しみたい方におすすめなカードです。

年会費は他カードに比べて高額ですが、それを上回るほどの旅行関連の特典や高級レストランでお得に楽しめるサービスなど、ステータス性も高くなる一枚です。

より詳しくアメックスプラチナについて知りたい方は、以下の記事を御覧ください。

また、アメックスプラチナは公式サイトから申し込むよりも営業担当経由での申し込みの方が、より多くポイントを獲得できます。

申し込みする前に不安な点や質問なども気軽に相談できます。

営業担当ご紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

あわせて読みたい
アメックス営業担当紹介フォーム アメックスの申し込みは、営業担当経由での入会が最もお得です。 サイトやSNSなどでキャンペーンに関する内容を周知することができなくなったため詳細を記載できません...
リッツカールトン アイキャッチ2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次