アメックスプラチナとダイナースプレミアム比較!どっちを持つべき?2枚持ちは?

アメプラとダイナース どちらを持つべき2

※当サイトは旅行やマイル、クレジットカードに関する体験談やお得なサービスをPR紹介しています

アメックスプラチナカードの国際ブランドはAmerican Express、ダイナースプレミアムは三井住友トラストクラブが発行しているカードで、国際ブランドはDiners Clubです。

年会費はアメックスプラチナが165,000円、ダイナースプレミアムが143,000円と、他のクレジットカードに比べると大変高額です。

メタル製の重厚感のあるアメックスプラチナと、ブラックカードに綺羅びやかな文字が刻まれたダイナースプレミアムは、どちらも持っているだけで優越感を得られるほど高ステータスカードといえます。

どちらも年会費を上回る豪華な特典が付帯していて、かなり満足度が高いカードとなっていますが、どちらを持つべきなのか、または2枚持ちしたほうがメリットが大きいのか、悩みますよね。

この記事では、アメックスプラチナとダイナースプレミアムを比較し、どちらのカードがよりお得に利用できるかを詳しく解説します。

この記事の信頼性

にゃも☆

『初めてマイル』を運営している「にゃも☆」です。

好きなときに好きなだけ旅行に行ける。そんな自由な生活を夢見て独立するほどの旅行好き。
クレカで貯めたマイルで飛行機に乗るのはもちろん、ポイント宿泊だけでハワイに16泊したりとしっかり使いこなす行動派。

目次

アメックスプラチナとダイナースプレミアムの基本情報を比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムを基本スペックで比較します。

アメックスプラチナダイナースプレミアム
券面デザインアメックスプラチナ 見本ダイナースプレミアム 見本
年会費165,000円(税込)143,000円(税込)
家族カードの年会費4枚まで無料無制限で無料
入会方法申込可能招待制
ポイント還元率1.0%1.5%
旅行傷害保険国内:最高1億円
海外:最高1億円
国内:最高1億円
海外:最高1億円
キャッシング利用不可利用可
ETC無料
(新規発行手数料:935円(税込))
無料
プライオリティパス利用可利用可

アメックスプラチナは、以前までインビテーション(招待状)がないと申し込みができませんでしたが、公式サイトから簡単に申し込みが可能になりました。

ダイナースプレミアムはインビテーション制となっています。もしくは、カード所有者からの紹介で営業担当と直接つながり、担当経由で申込みすることが可能です。

家族カードについて、ダイナースプレミアムは無制限で無料発行できますが、アメックスプラチナは4枚まで無料と枚数制限があります。

にゃも☆

高ランクカードをフル活用したい方は、枚数制限のないダイナースプレミアムの方が利便性は高いですね。

利用できる店舗数について、ダイナースクラブはダイナースクラブ加盟店・JCB加盟店(国内)・Discover加盟店(海外)で利用可能です。

アメックスプラチナはアメックス加盟店・JCB加盟店(国内)で利用できます。

日本国内ならダイナースもアメックスもJCBと提携しているので、国内のJCB加盟店で利用可能なので利便性はそこまで変わりません。

ですが、海外ではアメックスのほうが利用可能な店舗が多いです。

どっちがステータスが高い?

ダイナースプレミアム

アメックスプラチナとダイナースプレミアムなら、ダイナースプレミアムのほうがハイステータスと見られます。

ダイナースプレミアムはブラックカードの位置付けとなっており作りにくいクレジットカードです。

これは夜のお店のお姉さんに聞いたのですが、

ダイナースのブラック(ダイナースプレミアム)を持っているのを見ると、本当にお金持ちなんだなって思う。

と言っていました。

ただ、知名度は「知る人ぞ知る」的なクレジットカードなので、アメックスよりもそのすごさに気づいてくれる人は少なくなります。

しかし逆に言えば、「クレジットカードの価値をひと目で分かる」人からすれば、ダイナースプレミアムのほうが一目置かれるようです。

なので、高級ホテルや旅館、高級料亭、クラブ、キャバクラなど、高級な場所に行きたい方はダイナースプレミアムを作ったほうが見栄を張れます(笑)

審査の厳しさは?

追加カード イメージ画像

そんなダイナースプレミアムですが、実は私も一度審査落ちしました(笑)

アメックスプラチナは1回で審査に通りました。

はじめてダイナースプレミアムを申し込みしてから1年後にアメックスプラチナを申し込みしたので、まだまだ収入が足りていないときに、ブラックカードに申し込みしてしまったという感じです。

ただ、もし審査落ちしても半年経過すると再チャレンジできるので、諦めずに収入アップを続け、次回にチャレンジするのもアリです。

実際その後収入もアップし、証拠書類として収入が上がったことを証明できる書類(確定申告書)を出すことができ、ダイナースプレミアムの審査が通ったという経緯です。

ちなみに1回目は年収1000万円で落ちました。

ただ、起業したての頃だったため、安定収入とは言い難いところがあったのだろうと思っています。

しかしその後の1年で会社としての数字の成長を示すことができ、今後も成長が見込めるという判断をされ、審査に通ったのだろうと予想しています。

2回目の申込みでは、年収1300万円ほどと書いたと記憶しています。

もし上場企業に勤めていたり医者だったりとステータスが良ければ、もっと低い年収でも通る可能性は高いと考えます。

ダイナースプレミアムに興味がある方には、個人的に営業担当の方をご紹介させていただくことが可能です。

ブラックカードの営業担当と直接の繋がりができることで、私がこれまでアクセスできなかった店舗やサービスに触れることができました。

また、申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、直接ブラックカードであるダイナースプレミアムの担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

注意事項 

以下に該当する方はそもそも審査を受けることができないため、紹介希望はお控えください。

【NG】過去に自己破産されている方
【NG】直近で支払い遅延を繰り返されている方

アメックスプラチナとダイナースプレミアムの還元率を比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムは、それぞれポイント還元率や貯まったポイントをマイルに交換する際の還元率など、かなり異なります。

どちらがお得にポイントを貯めてマイルに交換できるのか、気になるところですよね。

以下では、アメックスプラチナとダイナースプレミアムのポイント還元率やマイルにする時の還元率を詳しく解説します。

ポイント還元率

アメックスプラチナとダイナースプレミアムのポイント還元率について比較してみましょう。

アメックスプラチナダイナースプレミアム
ポイントプログラムメンバーシップリワードプラスダイナースクラブリワード
ポイント還元率1%1.5%
ポイント有効期限なしなし

両カードともにポイントの有効期限がないのは嬉しいですね。

ポイント還元率はアメックスプラチナが1%に対し、ダイナースプレミアムは1.5%なので、ダイナースプレミアムのほうが貯めやすいです。

ですが、アメックスプラチナの「メンバーシップリワードプラス」に登録すると、Yahoo!JAPANやAmazonなどの加盟店で利用すると最大3.0%のポイント還元率となります。

通常メンバーシップリワードは年会費3,300円かかりますが、アメックスプラチナを持っていると年会費が無料になるので、登録をおすすめします。

にゃも☆

Yahoo!JAPANやAmazonでよく買い物をする方は、メンバーシップリワードプラスのポイント還元率がアップするのは、かなり魅力的ですね。

マイルにするときの還元率

アメックスプラチナやダイナースプレミアムで貯まったポイントを、マイルに交換することができます。

アメックスプラチナダイナースプレミアム
提携航空パートナー全日空 ANAマイレージクラブ
日本航空 JALマイレージバンク
スカンジナビア航空 ユーロボーナス
キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
エティハド航空 エティハド ゲスト
エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
エールフランスKLMフライング・ブルー
カタール航空 プリビレッジクラブ
カンタス・フリークエントフライヤー
シンガポール航空 クリスフライヤー
タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー
デルタ航空 スカイマイル
フィンエアー フィンエアープラス
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ
ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ
全日空 ANAマイレージクラブ
日本航空 JALマイレージバンク
デルタ航空 スカイマイル
ユナイテッド航空 マイレージプラス
大韓航空 スカイパス
移行レート(メンバーシップリワードプラス登録の場合)
ANA:1,000P→1,000マイル
JAL:2,500P→1,000マイル
提携航空会社:1,250P→1,000マイル
(メンバーシップリワードプラス未登録の場合)
ANA:2,000P→1,000マイル
JAL:3,000P→1,000マイル
提携航空会社:2,000P→1,000マイル
ANA:1,000P→1,000マイル
JAL:2,500P→1,000マイル
提携航空会社:2,000P→1,000マイル
移行マイル数の上限ANA:40,000マイル
提携航空会社:上限なし
ANA:40,000マイル
デルタ航空:140,000マイル
JAL:上限なし
その他:12,000マイル

マイルに交換できる航空会社はアメックスプラチナの方が圧倒的に多く、移行マイル数の上限もANA以外だと無制限でマイルに交換できるのは、かなり嬉しいですね。

さらにアメックスプラチナは、メンバーシップリワードプラスに登録することでポイントの交換レートがアップするので、よりお得にポイントを使えます。

ダイナースプレミアムは、アメックスプラチナに比べて航空会社の提携数が少ないものの、アメックスプラチナでは提携していない、大韓航空やユナイテッド航空などのマイルに交換できます。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムのコンシェルジュを比較

プラチナデスク 携帯 イメージ画像

アメックスプラチナとダイナースプレミアムには、それぞれ24時間365日対応の優秀なコンシェルジュサービスが利用できます。

主に、レストランやホテルの予約、コンサートや演劇などのチケット手配、国内・海外の航空券の手配など、電話一本でさまざまな要望に応えてくれます。

両カードも専用のデスクから電話すれば、すぐに繋がります。

ちなみに、ダイナースプレミアムは「オンライン・コンシェルジュ」という、電話以外にメールでの依頼・回答が可能となっています。

電話ができない場所での依頼や、URLなどを送りたい場合に役立ちます。

さらにダイナースプレミアムのコンシェルジュは、メールでの依頼から回答までの時間で融通が利くのが、かなり嬉しいメリットです。

お急ぎですか?いつぐらいまでにご連絡すればよろしいでしょうか?

としっかりとした確認の返信が来ます。

すぐに回答がほしい場合は、できる限り融通を利かせてくれます。また回答の都合がいい時間帯も細かく指定できます。

アメックスプラチナは、航空券・ホテルの予約時に使いやすく、ダイナースプレミアムはレストランでの予約時に使いやすいです。

いずれのサービスでも、私たちの要望や相談に丁寧に応えてくれるので、かなり満足度の高いコンシェルジュサービスです。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムの空港ラウンジを比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムは、それぞれ所有しているだけで国内外にある空港ラウンジが無料で利用できる特典が付帯しています。

ラウンジではソフトドリンク、新聞・雑誌閲覧、インターネットの無線LANなどは無料で利用でき、一部ラウンジではアルコール、マッサージ機、シャワールームなども利用可能です。

両カード、利用できる空港ラウンジやサービス内容が異なるので比較します。

アメックスプラチナで利用できる空港ラウンジ

成田空港 KALラウンジ 中

世界130ヶ国500空港1,200ヶ所以上のラウンジを無料で利用できます。

また利用する空港に異なりますが、同伴者1~2名まで無料で利用可能です。

アメックスプラチナ以上のカードを所有していると、「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」のサービスが利用でき、主なラウンジは以下の通りです。

  • The Centurion Lounge
  • International American Express Lounges
  • Delta Sky Club
  • Airspace
  • Escape Lounge US
  • Plaza Premium Airport Lounges
  • Priority pass
  • Lufthansa Lounges

プライオリティパスは、通常年会費が469米ドル=約70,000円かかりますが、アメックスプラチナを所有していると無料で最上位ランクのプレステージ会員になれます。

またアメックスプラチナ会員以上のみが利用可能なセンチュリオンラウンジも利用できます。

世界で24の空港にしかなく、非常に落ち着いた空間で、料理やドリンクを堪能できます。

アメックスプラチナは国内、国外で利用できるラウンジが多く、本カード会員、家族カード会員、同伴者1~2名まで利用できるところが、かなり嬉しいサービスです。

ダイナースプレミアムで利用できる空港ラウンジ

羽田空港 パワーラウンジ2

国内・海外あわせて1,300ヵ所以上ある空港ラウンジを、本カード会員および家族カード会員のみ無料で利用できます。

アメックスプラチナと異なる点は、同伴者が有料となっています。料金等は利用するラウンジに異なります。

国内では、大韓航空のVIPラウンジ「KALラウンジ」を利用でき、通常のカードラウンジよりも広く、かなり有意義な時間を過ごせます。

海外ではより幅広いVIPラウンジも対象となっているので、高級ホテル並みの設備や食事が楽しめます。

また、ダイナースクラブは空港のラウンジだけでなく、街中のラウンジも利用できます。

利用可能なラウンジは以下の通りです。

  • 銀座プレミアムラウンジ
  • 大丸東京のD’sラウンジトーキョー
  • 京都ホテル ウエルカムラウンジ
  • ホノルル・LeaLeaラウンジ 

銀座プレミアムラウンジ

銀座プレミアムラウンジでは、本カード会員・家族カード会員は無料で利用でき、同伴者は1名1,100円で利用可能です。

フリードリンク、お菓子のサービス、銀座コンシェルジュサービス、当日中の手荷物預かりサービス、宅配料金優待サービスなど、銀座での買い物の際に便利に利用できるサービスが提供されています。

大丸東京のD’sラウンジトーキョー

大丸東京のD’sラウンジトーキョーは通常、大丸・松坂屋の外商カードを所有している方など、お得意様用のラウンジです。

フリードリンク、喫煙ルーム、フィッティッングルーム、専用クローク、パソコン利用スペースなど、充実なラウンジサービスが利用できます。

「ハンズフリーショッピング」という、買い物をした商品をラウンジまで運び、ラウンジが閉まる時間まで預かってもらうことも可能です。

京都ホテル ウエルカムラウンジ

京都ホテルのウエルカムラウンジでは、ホテルオークラへの宿泊に関わらず、ラウンジを無料で利用できます。

ラウンジは本カード会員と同伴者1名まで、1日1回・1時間まで利用することができます。

ホノルル・LeaLeaラウンジ

ホノルル・LeaLeaラウンジでは、ホノルル観光に便利なLea Leaトロリー1日乗車券を無料で利用できます。

年間2回までで、本カード会員、家族カード会員ごとにそれぞれ年間2回まで利用可能です。

両カードそれぞれ、そのカードでしか入れないラウンジがあったり、同伴者が無料か有料かの違いなどありますが、VIPラウンジを含めた幅広い空港ラウンジを利用できるのは、大きなメリットです。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムの保険を比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムには、それぞれ旅行時に使える保険が付帯しています。

以下では、アメックスプラチナとダイナースプレミアムの海外旅行傷害保険を比較します。

アメックスプラチナダイナースプレミアム
海外旅行傷害保険
付帯条件
自動付帯
(一部利用付帯)
自動付帯
死亡・後遺障害自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
最高1億円
傷害治療最高1,000万円最高1,000万円
疾病治療最高1,000万円最高1,000万円
携行品損害最高100万円最高100万円
救援者費用最高1,000万円最高500万円
賠償責任最高5,000万円最高1億円
家族特約利用付帯:最高1,000万円最高1,000万円

海外旅行傷害保険は、両カードともに、ほぼ同等の補償内容となっています。

アメックスプラチナは一部利用付帯となっているので、アメックスプラチナで支払いをしていない旅行では家族特約は対象外です。

また、利用付帯では家族カードも補償の対象外になってしまうので注意です。

航空便遅延保険で比較すると、アメックスプラチナの方が手厚い補償となっています。

アメックスプラチナダイナースプレミアム
乗継遅延費用最高3万円最高2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能最高3万円最高2万円
手荷物遅延費用最高3万円最高2万円
手荷物紛失費用最高6万円最高4万円

搭乗便の欠航や遅延によって、予定外に発生した宿泊費や食事代の補償がされます。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムのホテル特典を比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムには、ホテル宿泊時に利用できる特典が付帯しています。

アメックスプラチナはホテルや旅行に強いカードなので、ホテル特典はダイナースプレミアムよりもかなり豪華なサービスが受けられます。

以下では、アメックスプラチナとダイナースプレミアムのホテル特典を比較します。

無料で上級会員になれる

シェラトンワイキキ リストバンド

アメックスプラチナは、高級ホテルの上級会員になれるホテル・メンバー・シップという特典があります。

通常では年間登録料または年間数十泊が必要となる、ホテルグループの上級メンバーシップまたはVIPプログラムに無条件で登録できます。

アメックスプラチナを持っているだけで、世界の有名ホテルの上級メンバーシップのサービスが受けられるようになります。

上級会員になれるホテルと会員ランクは以下の通りです。

ホテルグレード
マリオットボンヴォイゴールド会員
ヒルトン・オナーズゴールド会員
ラディソン・リワーズプレミアムエリートステータス
SEIBU PRINCE CLUBプラチナメンバー

「マリオットボンヴォイ」ゴールドエリート会員の特典

  • 客室の無料アップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトで250ポイントまたは500ポイント進呈
  • 25%のボーナスポイントがもらえる
  • 12歳以下は朝食無料

「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員の特典

  • 客室の無料アップグレード
  • レイトチェックアウト
  • 2名分の朝食無料サービス
  • 80%のボーナスポイントがもらえる
  • ホテル内レストランの飲食代最大20%割引

「ラディソン・リワーズ」プレミアムエリートステータスの特典

  • 客室の無料アップグレード
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • ホテル内レストランが15%割引
  • 滞在ポイント1ドル=25ポイントもらえる

SEIBU PRINCE CLUB プラチナメンバーの特典

  • スマートチェックイン
  • レイトチェックイン
  • ウェルカムサービス
  • 朝食無料サービス(同室の同伴者まで)
  • カバーチャージ無料

世界を代表する高級ホテルで、これだけの特典を同時に複数利用できるのは、アメックスプラチナだけです。

ダイナースプレミアムには、ホテル・メンバー・シップの特典はありません。

似たような特典を上げると、「国内クラブホテルズ・旅の宿」という国内の厳選した110以上のホテル・旅館で、会員の要望の高い優待を楽しめます。

ホテルの場合、朝食(1室2名分まで)、部屋のアップグレード、ホテルクレジットの3つの中から1つ以上を提供してくれます。

旅館の場合、部屋のアップグレード予約時確約、食事のアップグレード、館内で利用可能なクレジットの3つの中から1つ以上を提供してくれます。

利用できる代表ホテルは以下の通りです。

  • ザ・ペニンシュラ東京
  • THE SENSE FUJI
  • 信玄の湯 湯村温泉 常磐ホテル
  • フォションホテル京都
  • THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座
  • ホテル シギラミラージュ

など、他にも有名なホテルや旅館でサービスを受けられます。

無料宿泊券がもらえる

シェラトンワイキキ 部屋

アメックスプラチナは、フリーステイギフトというアメックスプラチナカード更新時に大人2名分の無料宿泊券がもらえる特典があります。

更新のときにもらえるギフトなので、初年度に関しては付与されません。

2年目以降の年会費を支払ってから約2ヶ月後にもらえます。有効期限は1年間です。

予約方法はプラチナデスクに電話ではなく、直接ホテルに電話して予約をします。

フリーステイギフトは約60,000円相当の価値があり、1人あたり30,000円分が無料で宿泊できる計算になります。

にゃも☆

かなり魅力的な特典ですね!

フリーステイギフトで利用可能な部屋のグレードは決まっていて、ほとんどがスタンダードです。

ですが、追加料金を支払うことで、部屋のアップグレードができるケースもあります。

利用したいホテルを決めて、アップグレードの希望がある場合はホテルに問い合わせとなりますが、利用できるかどうかも含め、詳細は対象ホテルによって異なります。

対象ホテルは以下の通りです。

ホテルブランド対象ホテル
マリオットボンヴォイウェスティンルスツリゾート
ウェスティンホテル仙台
ACホテル・バイ・マリオット東京銀座
アロフト東京銀座
シェラトン都ホテル東京
東京マリオットホテル
ウェスティンホテル横浜
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
軽井沢マリオットホテル
コートヤード・バイ・マリオット 白馬
チャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル
シェラトン都ホテル大阪
コートヤード・バイ・マリオット大阪本町
アロフト大阪堂島
シェラトングランドホテル広島
ヒルトン・ワールドワイドヒルトンニセコビレッジ
ヒルトン東京
ヒルトン東京お台場
ヒルトン東京ベイ
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ヒルトン名古屋
ヒルトン大阪
ヒルトン広島
ヒルトン福岡シーホーク
ヒルトン長崎
ヒルトン沖縄瀬底リゾート
プリンスホテル&リゾーツ札幌プリンスホテル
ザ・プリンス パークタワー東京
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖
ザ・プリンス 軽井沢
軽井沢プリンスホテル イースト
軽井沢プリンスホテル ウエスト
ザ・プリンス 京都宝ヶ池
グランドプリンスホテル広島
沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
オークラニッコーホテルズグランドニッコー東京 台場
ホテルオークラ東京ベイ
ホテル日航金沢
ホテル日航大阪
ホテルオークラJRハウステンボス
ホテル日航アリビラ/ヨミタンリゾ ート沖縄
ハイアットホテルズアンドリゾーツハイアット セントリック 金沢
ハイアット リージェンシー 東京
ハイアット リージェンシー 東京ベイ
ハイアット リージェンシー 大阪
ハ イアット リージェンシ ー 京都
グランド ハ イアット 福岡
ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄
ニューオータニホテルズホテルニューオータニ(東京)
ホテルニューオータニ幕張
ホテルニューオータニ大阪
ホテルニューオータニ博多
ロイヤルパークホテルズ&リゾーツ横浜ロイヤルパークホテル
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 京都
ザ ロイヤルパークホテルアイコニック 大阪御堂筋

ダイナースプレミアムには、このような特典はありません。

「国内クラブホテルズ・旅の宿」の特典の他に、国内約6,200軒の厳選されたホテル・旅館をお得な価格で予約できる一休.comに、上級ステージのプラチナ会員のサービスを利用できます。

一休のポイントが貯まったり、宿泊やレストランのプライベートセールを利用できる一休会員向けのサービスです。

その他、国内・海外のホテルを、ダイナースクラブ専用の「ポイントモール」で予約すると、ボーナスポイントまたはキャッシュバック特典が受けられます。

ですが、圧倒的にアメックスプラチナの方がホテル宿泊時に利用できる特典が多く、内容もかなり豪華です。

旅行時やホテル宿泊時に利用できる特典としては、アメックスプラチナの方がかなり強いです。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムのレストラン特典を比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムには、それぞれ対象レストランで利用できる素晴らしい特典が付帯しています。

以下では、アメックスプラチナとダイナースプレミアムのレストランで受けられるサービスについて比較します。

2 for 1 ダイニングby招待日和

ペスカワイキキ

アメックスプラチナは、「2 for 1 ダイニングby招待日和」という、レストランの所定のメニューコースを2名以上で利用したい場合、1名分のコース料理代が無料になる特典があります。

たとえば、2人で2万円のコース料理を予約した場合1万円で2人分のコース料理が楽しめ、毎月異なる10店舗で食事をすると合計10万円を浮かせることができます。

国内外約250店舗の参加店があり、関東エリアを中心とした日本国内と、ハワイ、シンガポール、台湾の店舗で利用可能です。

にゃも☆

誕生日や結婚記念日のお祝いなどの特別な日に、大切な人とお得に楽しめる特典ですね。

エグゼクティブ ダイニング

2for1 ダイニング特典

アメックスプラチナの「2 for 1 ダイニングby招待日和」に対して、似たような特典がダイナースプレミアムにあります。

「エグゼクティブ ダイニング」という、対象レストランの所定のコース料金の1名分、もしくは2名分が無料になる特典です。

通常プランとグループ特別プランがあり、通常プランの場合本カード会員を含む2名以上で所定のコース料理を利用すると、1名のコース料金が無料になります。

グループ特別プランの場合、本カード会員を含む6名以上で所定のコース料理を利用すると2名のコース料金が無料になります。

同窓会や歓送迎会などのグループでの食事や、家族のお祝いにお得に楽しめる特典です。

さらにダイナースプレミアムは、アメックスプラチナよりグルメ優待の特典が多いです。

アメックスプラチナにない特典としては、ホテルオークラの伝統レストランでダイナースクラブ会員限定の飲食代10%割引の特典や、通常予約困難な高級料亭をダイナースクラブが本カード会員に代わって予約してもらえる特典があります。

ダイナースプレミアムはかなりグルメ特典に強く、有名な高級レストランと提携しているので特別優待のサービスが受けられます。

にゃも☆

高級レストランをよく利用する方は、ダイナースプレミアムのほうが嬉しい特典ばかりでメリットでしかないです。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムはどちらを持つべき?

アメックスプラチナとダイナースプレミアムについて説明してきましたが、どちらを持つべきなのか悩みますよね。

アメックスプラチナは現在、インビテーションなしで申し込み可能になり、公式サイトから簡単に申し込みできるようになりました。

アメックスプラチナの紹介キャンペーン

アメックスプラチナに入会するには2通り種類があります。

  1. 公式サイトでの入会
  2. アメックスプラチナの営業担当経由で申し込み

それぞれ入会キャンペーンの内容が異なるのですが、結論を言うと営業担当経由での申し込みが最もお得なので、以下で数字を交えて解説します。

①公式サイトから入会

アメックスプラチナ 新規入会キャンペーン

現在公式サイトで開催されている通常のキャンペーンは、最大120,000ポイント得られるというものです。

条件は以下のとおりです。

条件獲得ポイント
入会してから4ヶ月以内に200万円以上のカード決済100,000ポイント
合計200万円のカード決済20,000ポイント
合計120,000ポイント

②営業担当経由から入会

公式サイト以外に、営業担当経由からも申し込み可能です。

最大で110,000ポイント獲得できます。

条件は以下の通りです。

条件獲得ポイント
入会してから3ヶ月以内に10万円以上のカード決済20,000ポイント
入会から3ヶ月以内に50万円以上のカード決済40,000ポイント
入会から3ヶ月以内に100万円以上のカード決済40,000ポイント
100万円以上のカード決済10,000ポイント
合計110,000ポイント

公式サイトよりも獲得できるポイント数ですが、公式サイトよりも半分の決済金額で済むのでおすすめです。

アメックスプラチナに興味がある方は、私にご相談いただいても大丈夫ですし営業担当の方をご紹介させていただくことも可能です。

申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、気軽に本家の担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

より詳しくアメックスプラチナについて知りたい方は、アメックスプラチナの特典内容の詳細の記事をご覧ください。

アメックスプラチナに興味がある方は、私にご相談いただいても大丈夫ですし営業担当の方をご紹介させていただくことも可能です。

申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、気軽に本家の担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

ダイナースプレミアムの紹介

ダイナースプレミアム

ダイナースプレミアムは、クレジットカードを作ることでポイントがもらえます。

このポイントはANAマイルなどに交換できます。

交換効率がいいANAマイルは上限4万マイルですが、その他のマイルに変えたり年度をまたいでANAマイルに変換する…と繰り返すことも可能です。

カードを作ることで大量のポイントを獲得できるキャンペーンがあるのですが、こちらは招待制のため公式サイトでは公開されていません。

しかし、営業担当とつながることで、その時点で用意されているキャンペーンがあれば案内を受けることができるので、キャンペーンの内容について問い合わせてみるのもいいと思います。

また、ダイナースプレミアムの魅力はポイントだけでなく、そのステータス性にあります。

一般の人では持つことができないブラックカードですから、所有欲はかなり満たされます。

ポイントだけに惑わされないようにしたいものです。

にゃも☆

ちなみに私はダイナースプレミアムもアメックスプラチナも両方とも持っています(笑)

ダイナースプレミアムに興味がある方には、個人的に営業担当の方をご紹介させていただくことが可能です。

ブラックカードの営業担当と直接の繋がりができることで、私がこれまでアクセスできなかった店舗やサービスに触れることができました。

また、申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、直接ブラックカードであるダイナースプレミアムの担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

注意事項 

以下に該当する方はそもそも審査を受けることができないため、紹介希望はお控えください。

【NG】過去に自己破産されている方
【NG】直近で支払い遅延を繰り返されている方

アメックスプラチナとダイナースプレミアムの2枚持ちをする理由

私は、アメックスプラチナとダイナースプレミアムの2枚持ちをしています。

アメックスプラチナは旅行系に強いので、旅行に関して言えばダイナースプレミアムよりも使い勝手がいいです。

ダイナースプレミアムは、国内レストランの特典が充実しているのと、コンシェルジュがメール問い合わせできるので、こちらの方が使い勝手がよくコンシェルジュはダイナースプレミアムを使うことが多いです。

  • アメックスプラチナは旅行用
  • ダイナースプレミアムは国内レストラン用+コンシェルジュ

ただ正直、2枚持ちはコスパは悪くなります。

なぜなら、けっこう被っているサービスがあるからです。

なので、旅行好きならアメックスプラチナがおすすめです。

ただ、ダイナースプレミアムの価値は、かなりの人脈を持つ営業担当個人とのつながりだと思っています。

有名芸能人ですら断られるような会員制〇〇の会員になれるとか、全国の名医を集めた会員制の病院の紹介をしてもらえるとか。

さらなるステータスと、通常のクレジットカードのサービス以外の個人的な人脈が欲しい方は、ダイナースプレミアムをおすすめします。

ダイナースプレミアムに興味がある方には、個人的に営業担当の方をご紹介させていただくことが可能です。

ブラックカードの営業担当と直接の繋がりができることで、私がこれまでアクセスできなかった店舗やサービスに触れることができました。

また、申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、直接ブラックカードであるダイナースプレミアムの担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

注意事項 

以下に該当する方はそもそも審査を受けることができないため、紹介希望はお控えください。

【NG】過去に自己破産されている方
【NG】直近で支払い遅延を繰り返されている方

まとめ:アメックスプラチナとダイナースプレミアムの比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムは重複しているサービスも多くありますが、本当に求めるスタイルはなにか?を考えると、選ぶべきカードが決まってきます。

  • 旅行ならアメックスプラチナ
  • ブラックカードというハイステータス、富裕層を相手にした人脈ならダイナースプレミアム

といった具合です。

ちなみにアメックスプラチナは年会費速攻で回収できるほどのキャンペーンを開催しているので、作ったとしても損はありません。むしろ作らないほうが損というレベルです。

以下で紹介していきます。

お得な新規入会キャンペーン

アメックスプラチナに入会するには2パターンあります。

  1. 公式サイトでの入会
  2. アメックスプラチナの営業担当経由で申し込み

それぞれ入会キャンペーンの内容が異なるのですが、結論を言うと営業担当経由での申し込みが最もお得なので、以下で数字を交えて解説します。

①公式サイトから入会

アメックスプラチナ 新規入会キャンペーン

現在公式サイトで開催されている通常のキャンペーンは、最大120,000ポイント得られるというものです。

条件は以下のとおりです。

条件獲得ポイント
入会してから4ヶ月以内に200万円以上のカード決済100,000ポイント
合計200万円のカード決済20,000ポイント
合計120,000ポイント

②営業担当経由から入会

公式サイト以外に、営業担当経由からも申し込み可能です。

最大で110,000ポイント獲得できます。

条件は以下の通りです。

条件獲得ポイント
入会してから3ヶ月以内に10万円以上のカード決済20,000ポイント
入会から3ヶ月以内に50万円以上のカード決済40,000ポイント
入会から3ヶ月以内に100万円以上のカード決済40,000ポイント
100万円以上のカード決済10,000ポイント
合計110,000ポイント

公式サイトよりも獲得できるポイント数ですが、公式サイトよりも半分の決済金額で済むのでおすすめです。

アメックスプラチナに興味がある方は、私にご相談いただいても大丈夫ですし営業担当の方をご紹介させていただくことも可能です。

申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、気軽に本家の担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

より詳しくアメックスプラチナについて知りたい方は、アメックスプラチナの特典内容の詳細の記事をご覧ください。

アメックスプラチナに興味がある方は、私にご相談いただいても大丈夫ですし営業担当の方をご紹介させていただくことも可能です。

申し込みする前に疑問点を解消しておきたいときに、気軽に本家の担当者に相談できるのは安心です。

最新の紹介プログラムやお得なキャンペーン情報申し込み方法の詳細などは、営業担当の方が最も詳しく把握しているのでぜひお尋ねください。

営業担当の紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

アメプラとダイナース どちらを持つべき2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次