【アメックスビジネスゴールド完全版】全特典・年会費・メリットデメリット総まとめ

アメックスビジネスゴールド メリットデメリット

※当サイトは旅行やマイル、クレジットカードに関する体験談やお得なサービスをPR紹介しています

アメックスビジネスゴールドカードは、高いステータスでおすすめのゴールド法人カードです。

年会費は36,300円(税込)と普通のクレジットカードに比べると高額ですが、年会費以上の特典が付帯しています。

ビジネスをサポートする特典はもちろん、国内外の旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなど、出張の多い方にもおすすめです。

限度額が上げやすく、たくさん利用すると1年で1000万も限度額を上げることが可能で、比較的申し込みしやすいです。

また、アメックスビジネスゴールドはプラスチック製ではなく重量感のあるメタル製で作られているので、高ステータス性を求める方におすすめのカードです。

新規入会で最大190,000ポイントも獲得できるキャンペーンも実施中で、これは日本からハワイまで4回往復できるほどのポイント数です。

以下の記事では、アメックスビジネスゴールドのおすすめの付帯サービスや優待特典、入会キャンペーンなど詳しく解説します。

ちなみにアメックスビジネスゴールドに興味がある方は、営業担当の方をご紹介させていただくことが可能です。

申し込みする前に疑問点を解消しておきたい場合にも、気軽に相談できるのでおすすめです。

営業担当ご紹介をご希望の方は、以下のリンクからメールをお送りください。

この記事の信頼性

にゃも☆

『初めてマイル』を運営している「にゃも☆」です。

好きなときに好きなだけ旅行に行ける。そんな自由な生活を夢見て独立するほどの旅行好き。
クレカで貯めたマイルで飛行機に乗るのはもちろん、ポイント宿泊だけでハワイに16泊したりとしっかり使いこなす行動派。

目次

アメックスビジネスゴールドのカード基本情報

基本情報内容
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費36,300円(税込)
追加カード年会費13,200円(2年目以降13,200円)
ETCカード年会費無料
(基本カード会員は20枚まで、追加カードはひとり1枚発行可能)
ポイント還元率0.5%
マイル還元率1.0%〜3.0%(ANA)

メタルカード

アメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールドは、通常のプラスチックカードではなく、スタイリッシュなメタル製のカードを発行できます。

メタル製カードは重厚感があり、持っているだけで周りから一目置かれる存在になることができます。

また、プラスチック製の「セカンド・ビジネス・ゴールド・カード」も無料で発行可能です。

普段はプラスチック製のセカンドカード、接待などではメタルカードと、用途に応じて使い分けすることができます。

追加カードの発行上限はなく、追加カードでも1枚までメタルカードの発行ができます。

日本ではメタル製のクレジットカードは少ないので、高級感があるメタル製のクレジットカードが欲しい方は、アメックスビジネスゴールドがおすすめです。

アメックスビジネスゴールドのメリットや特典

アメックスビジネスゴールドのメリットは、ビジネス特典とともに、プライベートでも使えると特典も豊富なことです。

国内外の空港ラウンジ利用や送迎サービス、会員限定のゴルフイベントやレストラン優待など、接待や商談、プライベートでも活用できる特典が多くあります。

  • 個別の利用状況に応じた限度額が設定できる
  • ビジネスをサポートする特典が充実
  • 荷物の配送や空港ラウンジ利用など旅行に手厚いサポート
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
  • ETCカードやプラスEXカードも発行可能
  • Apple Payに登録可能でスマホ決済が便利
  • 無料で加入できるクラブオフアメックスで福利厚生をサポート

経費の支払いを一本化

経費の支払いをアメックスビジネスゴールドに集約することで、経費の支払いを一本化できます。

アメックスビジネスゴールドを使うメリットは以下の通りです。

  • 経費の支払い回数が毎月1回で済む
  • 社員ごとの利用代金明細書があり利用状況を把握しやすい
  • 振込手数料がかからない
  • 高額決済でも事前承認で支払い可能

手間や時間、コストがかかっていた経費の支払い処理が、アメックスビジネスゴールドを導入すること簡単になります。

利用限度額

アメックスビジネスゴールドの限度額は、アメックス公式サイトでは「一律のご利用限度を設けず」と記載されています。

決して限度額がないわけではありませんが、利用者によって利用限度額が決まります。

ちなみに、カード発行時は基本的に100万円でスタートすることが多いです。

ライフサポート・サービス「クラブオフ」

アメックスゴールド クラブオフ

クラブオフとは、法人対象の福利厚生プログラムの会員制クラブサービスのことで、宿泊やレジャー施設などを優待価格で利用できます。

アメックスビジネスゴールドを所有している方は、福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員年間登録料が無料で、追加カードを持っている方も利用可能です。

他社のビジネスカードでも福利厚生のサービスが付いているカードも多いですが、毎月1,000円弱の年会費がかかる場合がほとんどです。

クラウド会計ソフト freee会計

クラウド会計ソフト

freee会計は、個人事業主や中小企業向けのクラウド会計ソフトです。

経理や決算をはじめて行う方でも簡単に利用でき、日々の経理業務の効率化や経営分析の為のツールとして役立ちます。

freee会計導入のメリットは以下の通りです。

  • 会計の専門知識がなくても経理を効率化
  • データからAIを使って勘定科目などを推測、経理の効率化を実現
  • 請求書の発行や、その内容および自動の帳簿づけ、経営分析レポートまで作成可能

また、freee会計に新規会員登録すると、通常の無料利用期間最大30日間に加えて30日間無料で利用できます。

ROBOT PAYMENT「請求管理ロボ」

ROBOT PAYMENT「請求管理ロボ」

請求書の発行から催促までを一元管理し、カード決済により売掛金回収まで自動化できます。

導入支援費用無料や割引などの優待があります。

ビジネス会員専用の優待プランは以下の通りです。

請求管理ロボの新規ご導入で、

  • 対象プランのご利用料金15%オフ
  • 「導入支援費用」が無料
  • 「決済システム連携オプション費用」「クレジットカード決済システム利用料」が無料

名刺管理サービス 「Eight Team」

スマホで名刺を撮るだけで自分が交換した名刺を管理できます。

「Eight Team」に申し込むと、社員が交換した名刺を検索や閲覧することで構築した人脈を共有できるようになります。

特典内容は、「Eight Team」に新規に申し込むと手元の名刺を高速で登録できるスキャナーを提供してくれます。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」

ジー・サーチは、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報などまで、幅広く収録した日本最大級のビジネス情報データベースサービスです。

「帝国データバンク企業情報」やビジネス情報をオンラインで入手できるサービスを、登録・月会費無料で利用できます。

取引先情報や市場動向などをリサーチする際に活用できるので便利です。

ビジネス・ダイニング・コレクション byグルメクーポン

全国約150店舗のレストランで所定のコース料理を2名以上で利用すると、1名分が無料になるサービスです。

選び抜かれたお店がリストアップされているので、接待をはじめ、記念日や会食などさまざまなシーンで利用できます。

このサービスは専用Webサイトで会員登録後、毎年10月~3月と4月~9月それぞれの期間内に本カード決済を1回以上することで、翌半年間1店舗につき1回まで利用することができます。

JALオンライン限定サービス

JAL 飛行機

JALオンラインサービスは、JALオンラインの契約者が利用できるサービスですが、年会費無料で利用することができます。

新規登録特典は、JALオンラインに社員登録をすると、JAL国内線「サクララウンジ」(羽田空港、新千歳空港、福岡空港、伊丹空港)の電子クーポン1回分がプレゼントされます。

搭乗特典は、特典対象期間中にJALオンラインから予約・発券して、10回以上の搭乗でJAL国内線「サクララウンジ」(羽田空港、新千歳空港、福岡空港、伊丹空港)の電子クーポン5回分がプレゼントされます。

さらに20回以上の搭乗で、抽選で素敵な商品がプレゼントされる特典もあります。

貯めたポイントをマイルに交換

アメックスビジネスゴールドで貯まったポイントは、マイルに交換して航空券に変えることができます。

マイルの移行先は以下の通りです。

  • 全日空 ANAマイレージクラブ
  • 日本航空 JALマイレージバンク
  • スカンジナビア航空 ユーロボーナス
  • キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
  • エティハド航空 エティハド ゲスト
  • エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
  • エールフランスKLMフライング・ブルー
  • カタール航空 プリビレッジクラブ
  • カンタス・フリークエントフライヤー
  • シンガポール航空 クリスフライヤー
  • タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス
  • チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー
  • デルタ航空 スカイマイル
  • フィンエアー フィンエアープラス
  • ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
  • ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ

提携ホテルグループは2社のみです。

  • マリオットヴォンボイ
  • ヒルトン・オナーズ
未登録登録
提携航空パートナー2,000ポイント→1,000ポイント
100円で0.5マイル
1,250ポイント→1,000ポイント
100円で0.8マイル
ANAマイレージクラブ2,000ポイント→1,000マイル
100円で0.5マイル
1,000ポイント→1,000マイル
100円で1マイル
JALマイレージバンク3,000ポイント→1,000マイル
100円で0.33マイル
2,500ポイント→1,000マイル
100円で0.4マイル

提携航空会社はANA含めて16社あります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録していると、未登録の交換レートと比べるとかなり得して交換できます。

ANAマイルへ移行する場合は、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への年間参加費5,500円(税込)が必要ですが、1ポイント=1マイルで交換できます。

ANAは年間40,000マイルまでと上限がありますが、提携航空パートナーとJALマイレージバンクは上限がありません。

上限を気にせずマイル貯めたい方は、ANAマイレージクラブ以外の提携航空会社でマイルを交換しましょう。

DELL Technologies 優待特典

アメックスビジネスゴールド DELL

「DELL Technologies 優待特典」は、対象期間中にDellの対象店でアメックスビジネスゴールドを利用すると、各期間最大7,000円をキャッシュバックされる特典です。

利用には事前登録が必要です。

追加カードでの利用も合算されるので、とてもお得です。

対象期間は4月1日~9月30日、10月1日~3月31日です。

空港のラウンジサービス

空港 カードラウンジ

アメックスビジネスゴールドを所有していると、130ヶ国、500空港1200ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。

同伴者も1名無料で利用できます。

ラウンジではソフトドリンク、新聞・雑誌閲覧、インターネットの無線LANなどは無料で利用できます。

国内線の空港ラウンジは以下の通りです。

港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
新千歳空港ノースラウンジ
函館空港国際線ビジネスラウンジ
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
新潟空港エアリアムラウンジ
富山空港らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田空港 第1旅客ターミナルビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)
成田空港 第2旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE2
成田空港 第2旅客ターミナルTEIラウンジ
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE SOUTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルエアポートラウンジ(南)
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE PREMIUM
羽田空港 国内線ターミナル 第3旅客ターミナルSky Lounge
関西国際空港六甲
関西国際空港アネックス六甲
関西国際空港金剛
伊丹空港ラウンジ大阪
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港ヴォルティス
福岡空港ラウンジTIME/ノース
福岡空港ラウンジTIME/サウス
福岡空港ラウンジTIME/インターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
大分空港ラウンジくにさき
長崎空港ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港ラウンジ「ASO」
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華

旅行時に使える手厚い保険

アメックスビジネスゴールドには、国内や海外で使える手厚い保険が付帯しています。

旅行保険は利用付帯のみになるので、航空券やホテルなどの支払いをしている必要があります。

保険保険付帯内容
国内旅行傷害保険国内旅行中に、カード会員もしくは追加カード会員が病気やケガを負ったり、死亡してしまった場合に補償が適用される保険
海外旅行障害保険海外旅行中に、カード会員もしくはその追加カード会員が病気やケガを負ったり、死亡してしまった場合に補償が適用される保険
航空便遅延・欠航・手荷物紛失・遅延保険アメックスビジネスゴールドカード会員本人(カードによっては追加カード会員本人も)が海外に出かけた際に、航空便の遅延により出費した宿泊料金や食事代が補償される付帯保険
キャンセル・プロテクション(キャンセル代保険)急な出張や病気、ケガをしてキャンセルした旅行・イベントなどのキャンセル料を補償してもらうことができる保険
ショッピング・プロテクション(購入品損害保険)日本円でカードによる支払いに行ったすべての商品について90日間以内であれば、偶然な事故によって被った損害分を補償してもらうことができる保険
ワランティープラス対象カードで購入した商品について、製品の保証期間を2年間延長(メーカー補償終了後2年間)し、故障の修理費用を補償する保険
ホームウェアプロテクションカード会員が所有している製品に対し、メーカー保証終了後でも、火災、盗難、破産、水漏れなどの偶然な事故により生じた損害を補償する保険
リターン・プロテクションアメックスビジネスプラチナ会員がカードで購入して、未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を受け付けない場合、購入日から90日以内にアメックスビジネスプラチナ会員がアメックスに連絡することにより、代わりに商品の返金を行う保険

空港での嬉しいサービス

国際線手荷物無料宅配サービス イメージ画像

アメックスビジネスゴールドでは、手荷物も無料宅配サービスや格安料金で空港や家まで送迎してくれるサービスなど、旅行時に嬉しい特典が付帯しています。

主なサービスは以下の通りです。

  • 無料ポーターサービス
  • 空港クロークサービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港周辺パーキング割引サービス
  • 海外用レンタル携帯の優待割引サービス

アメックスビジネスゴールドのデメリット

アメックスビジネスゴールドには、ポイントや限度額、空港ラウンジにおいてデメリットと感じる方もいるかもしれません。

  • 年会費が高額
  • プライオリティ・パスが付帯していない

年会費が高い

アメックスビジネスゴールドは他社のビジネスゴールドカードの倍以上のコストがかかります。

サービスは充実していますが、複数枚持ちたい場合には負担が大きくなります。

少しでもコストを抑えたい会社にとってはデメリットといえます。

プライオリティパスが付帯していない

アメックスビジネスゴールドは、国内外29の空港ラウンジを無料で利用することができます。

しかし、ゴールドランク以上のクレジットカードに付帯していることが多いプライオリティ・パスは付帯していません。

プライオリティ・パスは、国内外1,400カ所以上の空港ラウンジを対象としているので、より多くの空港ラウンジを利用することができます。

海外出張が多く、旅行好きな方にとってはデメリットに感じるでしょう。

アメックスゴールドカードやアメックスビジネスプラチナカードですと、プライオリティパスの特典が付帯しています。

アメックスゴールドは年会費が31,900円(税込)と、こちらの方が年会費が4,400円安いです。

アメックスゴールドには、個人的に利用できる特典やサービスがそろっており、空港VIPラウンジが利用できるの年会費登録が無料で、利用は年間2回まで無料となります。

さらに、アメックスゴールド会員限定イベントも年に1~2回ほど開催されているのでこちらも魅力の一つです。

旅行関係の特典を重視したい方は、年会費も抑えたアメックスゴールドがおすすめです。

より、アメックスゴールドについて詳しい特典内容やサービスを知りたい方は、アメックスゴールドについて詳しい特典やサービスの解説の記事をご覧ください。

また、同じビジネスカードとしておすすめなのがアメックスビジネスプラチナです。

年会費が165,000円(税込)とかなり高額ではありますが、法人用や個人用としても所有することができ、ゴールドカードよりも出張や旅行で利用できる特典が多いです。

プライオリティパスも回数上限なく年会費無料で、空港ラウンジを利用できます。

ゴールドカードよりも高ステータス重視の方にとっては、アメックスビジネスプラチナがおすすめです。

より、アメックスゴールドについて詳しい特典内容やサービスを知りたい方は、アメックスビジネスプラチナについて詳しい特典やサービスの解説の記事をご覧ください。

アメックスビジネスゴールドのお得な入会キャンペーン情報

現在、アメックスビジネスゴールドは新規入会キャンペーン実施中です。

申し込み方法は、

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 営業担当経由で申し込み

の2種類があり、入会方法によって獲得できるポイント数が異なります。

①公式サイトから申し込み

アメックスビジネスゴールド

現在公式サイトで開催されているキャンペーンは、最大190,000ポイント得られるというものです。

条件は以下のとおりです。

条件獲得ポイント
入会してから4ヶ月以内に100万円以上のカード決済20,000ポイント
入会してから6ヶ月以内に対象加盟店で400万円のカード決済100,000ポイント
入会1年以内に200万円のカード決済30,000ポイント
合計400万円のカード決済40,000ポイント
合計190,000ポイント

190,000ポイントもあれば、日本からハワイを往復4回できるほどのポイント数です。

②営業担当経由で申し込み

アメックスの営業担当経由で申し込みをすると、最大で90,000ポイント獲得できます。

獲得ポイント数は公式サイトから入会するよりも少ないですが、利用金額は公式の半分で条件達成となります。

条件は以下のとおりです。

条件獲得ポイント
入会してから4ヶ月以内に150万円以上のカード決済40,000ポイント
入会1年以内に200万円のカード決済30,000ポイント
合計200万円のカード決済20,000ポイント
合計90,000ポイント

アメックスビジネスゴールドは、法人用または個人用としても利用でき、重量感のあるメタルカードで発行されるので、ステータス性も高くなります。

ですが、プライオリティパスの特典が付帯していないため、出張や旅行によく行かれる方はこの特典が付帯しているカードの方がメリットは大きいです。

アメックスゴールドはアメックスビジネスゴールドよりも年会費が安く、メタル製ではなくプラスチック製ではありますが、プライオリティパスの特典もついているので、個人カードとして利用するのに便利なカードです。

アメックスゴールド限定の特典もあるので、興味がある方はアメックスゴールドについて詳しい特典やサービスの解説の記事をご覧ください。

また、この記事を読んでアメックスビジネスゴールドに入会したい方は、当サイトから営業担当の方をご紹介させていただくことが可能です。

すぐに営業担当者の紹介をご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。

あわせて読みたい
アメックス営業担当紹介フォーム アメックスの申し込みは、営業担当経由での入会が最もお得です。 サイトやSNSなどでキャンペーンに関する内容を周知することができなくなったため詳細を記載できません...
アメックスビジネスゴールド メリットデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次