アメックスビジネスプラチナの追加カードを作るメリット!

アメックスビジネスプラチナ アイキャッチ

※当サイトは旅行やマイル、クレジットカードに関する体験談やお得なサービスをPR紹介しています

アメックスビジネスプラチナは年会費165,000円(税込)のビジネス用に作られたクレジットカードです。

本カード以外に追加カードを最大4枚まで無料で発行できます。

追加カードを発行することで、分散していた経費に関する事務を一元化できるメリットがあります。

さらに、立替払いや清算の手間がなくなることで従業員の負担が減るだけでなく、支払日が月1回になることでキャッシュフローの改善にも有効です。

また、アメックスビジネスプラチナは旅行関する特典が多く付帯しており、追加カードも本カードに付帯している一部サービスを利用できます。

たとえば、手荷物空港宅配サービスや空港カードラウンジを無料で利用できたりなど、他にも出張に嬉しいサービスが多く付帯しています。

以下では、

  • 追加カードを作るメリット
  • 作成時の条件や作り方
  • 追加カードもメタルカードで発行できる?

について詳しく解説します。

この記事の信頼性

にゃも☆

『初めてマイル』を運営している「にゃも☆」です。

好きなときに好きなだけ旅行に行ける。そんな自由な生活を夢見て独立するほどの旅行好き。
クレカで貯めたマイルで飛行機に乗るのはもちろん、ポイント宿泊だけでハワイに16泊したりとしっかり使いこなす行動派。

目次

アメックスビジネスプラチナの追加カードとは?

アメックスプラチナ 箱の中身

アメックスビジネスプラチナの追加カードは、最大4枚まで無料で発行できます。

さらに、最大4枚までアメックスビジネスプラチナかアメックスビジネスゴールドの2種類から選ぶことが可能です。

ですが、追加カードはすべてプラスチック製となります。

5枚目以降はアメックスビジネスゴールドカードとして発行され、1枚13,200円(税込)かかります。

追加カードは限度額の設定や変更ができ、本カード会員が追加カードの利用状況をいつでも確認することができます。

そのため、社内のガバナンス強化にもつながり、経費管理も最適化できるのでメリットが大きいです。

アメックスビジネスプラチナの追加カードを作るメリット

アメックスのビジネスプラチナで追加カードを発行する主なメリットは以下の通りです。

  • 経費管理の効率化が進む 
  • ポイントが貯まりやすい
  • 1枚当たりのカードの年会費負担が軽減される
  • 本カードとほぼ同じ特典が付帯している

各ポイントについて詳しく解説します。

経費管理の効率化

経理管理 イメージ画像

代表者以外の役員や従業員が追加カードを持つことで、経費管理の一元化が進みます。

仮払いや清算が必要だった現金や他のカードでの支払いを本カードに一本化することで、支払い事務の簡素化が可能です。

立替払いする必要がないので、他の役員や従業員の負担も減ります。

ポイントが貯まりやすい

追加カードも本カードと同様にポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは本カードと合算することができるので、よりポイントが貯まりやすくなります。

ポイント還元率は基本カード、追加カードともに同じです。

貯めたポイントはマイルに交換できるので、航空券代を浮かすことができます。

にゃも☆

法人カードで経費利用分のポイントを航空会社のマイルに交換できるのは、大きなメリットだといえます。

年会費の負担が軽減

アメックスビシネスプラチナの年会費は165,000円ですが、たとえば追加カードを4枚発行すると、1枚あたりの年会費は33,000円となり、かなりお得に所有することができます。

追加カード枚数年会費1人あたりの金額
  0枚165,000円 165,000円
  1枚165,000円 82,500円
  2枚165,000円 55,000円
  3枚165,000円 41,250円
  4枚165,000円 33,000円

作れば作るほど1枚あたりの年会費は軽減され、さらにポイント貯まりやすくなるので、作って損はしないカードです。

追加カードに付帯する特典

アメックスビジネスプラチナの追加カードは、本カードに付帯している特典やサービスを一部利用することができます。

出張の多い方にとって嬉しい、空港カードラウンジが利用できたり、スーツケースなどの大きい荷物を自宅や空港まで無料で運んでくれるサービスが付帯しています。

以下では、追加カードで利用できる特典について詳しく解説します。

空港のカードラウンジ

シンガポール チャンギラウンジ 入口3

130ヶ国、500空港1200ヶ所以上の空港カードラウンジが無料で利用できます。

ラウンジではソフトドリンク、新聞・雑誌閲覧、インターネットの無線LANなど無料で利用できます。

搭乗時間までドリンクを飲みながらゆったりとくつろぐことができ、インターネット環境も整備されているので、メールや仕事の打ち合わせが可能です。

プライオリティパスラウンジ

プライオリティパス

プライオリティパスは、世界中の148ヶ国の1,300ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用できるサービスです。

ラウンジ内では、軽食やアルコール類を含むドリンクを楽しめたり、スパやネイルサロン等のサービスもあるので、優雅にくつろぐことができます。

通常、プライオリティパスは年会費469米ドル(約70,000円)かかりますが、アメックスビジネスプラチナの追加カードでも無料でプライオリティパス会員になれます。

さらに、同伴者1名まで無料で利用できます。

プライオリティパスは、

  • スタンダード
  • スタンダード・プラス
  • プレステージ

の3つのランクがあり、アメックスビジネスプラチナの追加カードは1番ランクが上のプレステージ会員になることができます。

追加カードを1枚作るだけでも、年会費をすぐにペイできてしまうほどのお得な特典です。

プラチナ・セクレタリー・サービス

プラチナデスク 携帯 イメージ画像

プラチナ・セクレタリー・サービスは、24時間365日様々な要望に応えてくれる、アメックスビジネスプラチナ会員専用デスクです。

追加カードも利用できるサービスなので、とても便利です。

出張時のホテルや航空券の手配、打ち合わせをする際のお店の予約など、すべてコンシェルジュが代行してくれます。

にゃも☆

仕事が忙しい日々でも電話一本で親切丁寧かつ的確に対応してくれるので、時間の短縮になりメリットが大きいですね。

手荷物空港宅配サービス

国際線手荷物無料宅配サービス イメージ画像

海外旅行や出張などの出発時、帰国時に自宅から空港間でのスーツケースを無料で配送してくれるサービスです。

最大2つまで配送できるので、急な海外出張の場合で荷物が多くても安心して配送できます。

上記の特典はごく一部で、他にもホテルやグルメに関する特典やビジネス専用にサービスが多く付帯しています。

よりアメックスビジネスプラチナの特典内容について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アメックスビジネスプラチナの追加カードを作る際の条件

アメックスビジネスプラチナの追加カードを作る際の条件は、18歳以上の役員または従業員、本カード会員の2親等以内の親族です。

追加カードの発行可能枚数に限度はありません。

何枚でも発行可能なので、規模が大きい企業でも決済にフル活用できます。

アメックスビジネスプラチナの追加カードの作り方

カード使いまわし イメージ画像

追加カード発行の申し込みは原則としてオンラインですが、申込み可能な枚数は2枚以下です。

3枚以上の追加カードを申し込む際は、本カード会員がアメリカン・エキスプレスへ直接電話をかけて申し込む必要があります。

5枚目からは、アメックスビジネスゴールドの発行となるので、アメックスビジネスプラチナを追加することはできません。

アメックスビジネスプラチナの追加カードはメタルカードはもらえる?

アメックスプラチナ 説明書

アメックスビジネスプラチナの追加カードはプラスチック製となります。

プラスチック製とはいえ、アメックスビジネスプラチナはステータス性の高いクレジットカードなので、銀色に輝く券面は周りとの差をつけることができます。

高級レストランやホテルでの会計時にカードを呈示すると、丁寧に扱うべき存在として見てくれるでしょう。

ですが、本カードはメタル製で作られており、プラスチック製で物足りないという方はアメックスビジネスプラチナをおすすめします。

手に持った瞬間の重量感は、クレジットカードとは思えない重さです。

私の会社の従業員にアメックスビジネスプラチナを持たせたところ、あまりの重さとカードの光沢さに感動し、とても驚いていました。

にゃも☆

実際私もカードが届いた際は、豪華な箱に入って届いたので、カードを手に取る前から驚きを隠せませんでした(笑)

追加カードもアメックスビジネスプラチナ同様に、豪華特典やサービスが付帯していますが、より高いステータスを求める方は、メタル製で作られたアメックスビジネスプラチナがおすすめです。

よりアメックスビジネスプラチナについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アメックスビジネスプラチナ アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次